藤原正彦先生 非ファンのBLOG分室

アクセスカウンタ

zoom RSS 藤原先生の論文「(有限体上の)代数多様体の有理点の分布」 紹介その1

<<   作成日時 : 2009/08/14 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本論文の紹介を書くにあたって最初にその「目次」をかいておきます。

1 はじめに
2 本論文の難易度
3 本論文ができるまでの先生のご研究の足跡
4 本論文解読のための参考文献

1 はじめに

 タイトル欄に入りきらなかったので無理に日本語にしました、論文の正式タイトルは下記の通りです。

 DISTRIBUTION OF RATIONAL POINTS ON VARIETIES OVER FINITE FIELDS

 本論文は、下記の雑誌に発表されたものです。

A JOURNAL OF PURE AMD APPLIED MATHEMATICS VOL.35,PART2 DECEMBER,1988 NO.70

 実はこの論文は私にとっては、他のものに較べて一番難しくほとんど理解はできておりません。ただ、一つわかったことはこの論文は恐らく藤原先生のご研究の一つの集大成ではないか、と思われる点です。この点について「ファンクラブの集い」で直接先生にお伺いしたいと思っております。

 目次の順に沿って紹介をして行こうと思っておりますが、この目次構成の理由を書いておきます。何ゆえ「2 本論文の難易度」などわざわざ書くか? どなたか藤原先生の論文解説を書かれている方はいるか、色々調べていたのですがどうも誤解されている方がいらっしゃいまして。。。。 2ちゃんねる辺りに、藤原先生の論文はちょっと難しい「演習問題」?程度だ、とかかかれているのを見まして。。。 本論文は違うと思うので誤解を解きたいと思い一節設けました。

  本論文は私の得ている情報(と言っても市販出版されている先生の著作と紹介中の論文)から、今までの先生のほとんど全てのご研究と関連しているようなので、改めて先生のご研究の足跡を辿って広くファンの方と共有したいと思い3に纏めることにしました。

 4では本論文を読み解くために私が入手した情報を紹介します。結構手間がかかりましたので特にアマチュアの方には多少は役立つと思います。

 以上、「はじめに」を終わります。 つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
藤原先生の論文「(有限体上の)代数多様体の有理点の分布」 紹介その1 藤原正彦先生 非ファンのBLOG分室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる