藤原正彦先生 非ファンのBLOG分室

アクセスカウンタ

zoom RSS 藤原先生の弟子について

<<   作成日時 : 2009/07/20 20:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

本記事は7/10の新井さんコメントに対する意見を兼ねます。

 大学の先生の仕事、つまり給料の対価は一般的には「研究」と「教育」と言ってよいでしょう。
7/10の新井さんのコメントによれば藤原先生は研究も教育も×とあります、今回は藤原先生の教育の業績としての「弟子」の養成について考察いたします。
 さて「研究」の業績と「教育」の業績をどう評価するか、これはどちらも難しいことでは
ありますが、研究の評価について言えば、

 ・未解決の問題を解く
 ・新概念、新理論の構築、問題解決の道筋の提示
   => それを使って(それに沿って)誰かが未解決の問題を解く

 解いた問題のレベルにより、特に歴史的大問題ならその場で評価は決まりますね。
 自作の問題の場合は、その場で評価されるとは限りませんが。

 教育の評価はどうでしょうか。こちらは「研究」ほどは客観的基準が見当たらないように
思います。ただ、例えば「弟子」の養成、と言う観点があったもよいのではないでしょうか。
ただこれは大学の先生の勤務評価の基準として相応しいかどうかはわかりません。

 ここで「弟子」の定義は何か? という難しい話しはしません。ドリーニュさんはグロダンディーク
氏を師と思っていても、グロダンディーク氏は弟子とは認めない、とかありますからね。

 さてこの観点で藤原先生を見ますと。。。

 お茶の水女子大出身で藤原先生と同じ分野(解析数論)の研究をしており、数多くの論文を出し、
また、有名な未解決問題を解いた方がいます。と言う訳で弟子の「養成」と言う観点からは、
大きな成果ではないでしょうか。ご本人に藤原先生の弟子か聞いた訳でもないので名前は出し
ませんが。

 この方以外に藤原先生のご指導で「θ-congruent number」の研究をされているお弟子さんが
いらっしゃいますが現段階では(私の知る範囲では)「世界的」かどうかは未知数です。

 あ、それから私も弟子のつもりです(先生認めそうもないですが)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
それなら新田次郎以外の藤原家の本をコンプリートしている私も自称弟子です(笑)
藤原先生は今どこで何をしているんでしょうか。
とりあえず毎週の週刊新潮が楽しみです。
三木武吉
2009/07/21 11:36
>お茶の水女子大出身で藤原先生と同じ分野(解析数論)の研究をしており、数多くの論文を出し、有名な未解決問題を解いた方がいます。と言う訳で弟子の「養成」と言う観点からは、大きな成果ではないでしょうか。
 この文章は?だらけですね。藤原の勤務大学に在学していて同じ分野の研究をしているだけでは、その人が藤原の弟子とは必ずしもいえないでしょう。それを、強引に「と言う訳で」という接続詞で結びつけて「弟子の「養成」と言う観点からは、大きな成果」と結論付ける事は誤りです。
 それに、講義を聴いただけでは本当の「師弟」関係とはいえないでしょう。講義は聴いたが学習には無益であったという事もありえます。したがって弟子教育の業績については疑問です。

 藤原のが朝日日曜版に連載していた文に、日本は明治以降「終身雇用制」を採用していた、というような事を書いていたのを見て、なんとでたらめを書く奴だなと思った事があります。

 新かな排斥の国語問題協議会の役員でありながら、会の規約を無視して新かな表記で多数の本を出している品格零の手合いに国家の品格について論じられてもなあ。
新井
2009/07/21 15:15
「弟子」についての補足

 私の書いた内容だけではは弟子かどうかわからない、と言う新井さんのご指摘はもっともですね。
 で、その方が比較的最近ある雑誌に書いた記事が2つほどあるのでよく読んでみると。。。。
 そのうちの一つに次の記述がありました。

 ・最初の論文はLANGに認められた
 ・志村五郎氏の集中講義をうけたことがあり、そのとき励ました頂いたと勝手ながら記憶している。数学の根底を形つくるような氏の仕事の始め方に畏敬の念を抱いている

 どちらにも藤原先生の名前は出ていなかった。。。 弟子かどうかはご本人に確認するしかありませんね。
 志村五郎氏は筑摩書房から「記憶の切絵図」と言う自伝を出しており大変面白いです、一読お勧めします。英語版は「The Map of My Life」と言うタイトルでてSpringer から出ています。
  なお、BLOG本体と言ったのは「 藤原先生の弟子について」(新井さん既に読まれている)のことです。
花山大吉
2009/07/25 09:53
三木さん

 コメントありがとうございます、愛読者まで含めると「弟子」はたくさんいますね。でもWEBの世界では藤原先生不利です。
花山大吉
2009/07/25 11:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
藤原先生の弟子について 藤原正彦先生 非ファンのBLOG分室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる