アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「整数論」のブログ記事

みんなの「整数論」ブログ

タイトル 日 時
ファン必読! 藤原正彦先生によるラマヌジャンの数学解説
 日本数学会の論説誌「数学 第57巻第4号(2005年10月秋季号)」に先生によるラマヌジャンの数学が解説されている。本誌は一般の書店には置いていないが、理工系大学の書店や大型書店で入手できると思う。また、直接、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/08 12:46
藤原正彦先生御推薦の数学者の伝記・評伝・自伝本
 ご著書「古風堂々数学者」の「美しくなければ数学ではない」の章から拾ってみよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 72

2007/09/01 20:45
藤原先生に書いてもらいたい本 「高木貞治」の伝記
 以前先生に書いてもらいたい本として「和算から入る数学の教科書」を挙げましたが、高木貞治さんの伝記を書いてほしいと思います。どうも調べた範囲では一般向けの伝記はでていないようです。  なにしろ高木貞治さんは、ガウス以降の数学者として岩波数学辞典第4版に写真が掲載されている8人の数学者の一人だ。つまり、ガウス以降の世界8大数学者なのだ。 これは、湯川秀樹や朝永振一郎、小平邦彦など他の物理学者や数学者とは格が全く違うことを意味するものだ(岩波数学辞典は業績を基準に写真を載せていると仮定しています、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/22 22:00
天才の栄光と挫折 [ヘルマン・ワイルの補足]
 掲題の本は、平成13年8月からNH教育TVで放送したときのテキストが元になっている。そして特に「ヘルマン・ワイル」は単行本化したときに新たに追加されたものだ。先生はワイル氏の息子に会っており、今までに明らかにされていなかった事実も追加され、例によって超密度の濃い内容だ。先生のご著書に補足とはおこがましいが、どうしても1点追加と言うか読んだ方にお伝えしたいことがあるので書いている。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/15 20:58
高木貞治さんの講義は良かったか、悪かったか?
高木貞治さんと言えば、言わずもがな数論を語るときには外せない。その高木貞治さんの「講義」について数学セミナー2007年8月号(日本評論社)に気になる記事があったので紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/14 12:31
数学との遭遇<力学系のゼータ関数>講演会(中央大学 文京区春日)
 5月18日、19日に掲題の講演会があるので紹介しておきます。 「非専門家向け」となっておりますので、解析数論のと力学系の初歩の知識があれば宜しいと思います。過去に数論関連の講演も多数行われています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/17 22:40
数学の本紹介、藤原先生の主張への反対意見その他
今後の予定: ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2007/03/19 23:17
藤原正彦先生ファンクラブWEB分室 整数論の本紹介 <英語編>
今回も勿論私が書いたわけではなく、J.S. MILNE さんのthe University of Michigan での講義録「ALGEBRAIC NUMBER THEORY 」からの抜粋です。寸評ですが中々面白いです。  ただ残念なのは、日本人、例えば高木貞治さんの名著が英語に翻訳されていないことです(論文はドイツ語とかのようですが)。岩澤健吉さんの本も英訳されていないのかも知れません(もしかして英訳があり私が知らないだけかもしれませんが(専門家向けの本はいくつかあります、当然ですが論文は多... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/10/28 21:30
整数論の本紹介
日本語による本で、容易に入手できると思われる本を紹介します。 ファンクラブ会員としては藤原先生のお話しを伺う際最低限初等整数論の知識が必須です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/16 00:47

トップへ | みんなの「整数論」ブログ

藤原正彦先生 非ファンのBLOG分室 整数論のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる